過払い金請求が失敗する?

借金問題は、実は非常に難しい問題です。どこから借金しているか、どのくらいの借金を背負っているか、どのような経緯で借金をすることになったのか、という事例ごとで、対応の仕方が変わってきます。それに、法律の改正等もありますので、その変化にも付いていく必要があります。

例えば、以前はお金の貸し付けに関して、いわゆる『グレーゾーン金利』というものが認められていたことがありました。そもそも消費者金融等が私達にお金を貸し付ける時、どの程度まで利子を取っても良いですよ、ただしこの割合以下であるべきです、というような基準がありました。正確には今でもありますが、グレーゾーン金利という、ギリギリのラインが認められていたとき、そのグレーゾーン金利を越えてお金を貸し付けている消費者金融などがありました。それは現在においてはもちろん違法となっていますので、私達はそれを『返しすぎ』…いわゆる『過払い金』として、正当に請求する権利を持っています。『過払い金請求』というものです。

これは、払いすぎていた金利が戻ってくるというメリットがありますが、過払い金請求を行った消費者金融等に関しては、今後借り入れなどが行えなくなるという点は注意が必要です。

債務整理と過払い金請求のメリット

借金がかさみすぎてしまい、返済することができなくなったときに役立つ制度が債務整理です。債務整理とは、借金を返済できる見込みがない場合に、決められた手続きを踏むことで、借金を清算することができる方法です。債務整理には、裁判所を通さず行う任意整理、裁判所を通して行う個人再生、自己破産といった種類があります。すべてに共通して言えるメリットとしては、借金が減る・または無くなる、弁護士に債務整理を依頼した時点からすぐに督促が止まるといったことが挙げられます。

債務整理のなかでもとくにメジャーな方法は任意整理で、弁護士を通して金融業者との示談を行い、金利を排除した元金のみを返済していく方法です。高い金利で借金をしていた場合には、かなりの減額が望めます。こちらを行うことで、どうしても首が回らないという状況を改善することが期待できます。

また、借金の返済後に役に立つ制度が過払い金請求です。こちらは、法廷の利息を超えた金利で借金をしている場合、その法廷利息を超えて払っていた利息分の金額を取り戻すことができるというものです。払いすぎてしまった利息が返ってくるため、経済状況を立て直すための大きな助けとなるでしょう。